O型きっぷ/O型きっぷの行使

出典: いずみのるーるぶっく


目次

定義

  1. O型きっぷの行使とは、O型きっぷの経路に沿い、発駅から乗車し、発駅から着駅までを過不足なく乗車し、着駅で下車することである
  2. 途中下車可能なO型きっぷにおいては、途中下車・別途乗車等により行使を一時中断し、有効期間内に再度当該駅から行使を再開してもよい
  3. 一切手段がないやむを得ない場合を除き、特例に基づく区間外乗車や複乗は行わない
    1. 分岐駅通過特例や特定分岐区間特例は用いてはならない
      • 例:当該O型きっぷが備後落合駅備中神代駅伯耆大山駅という経路を含む場合、特急やくも号利用による新見-備中神代間の複乗は行ってはならない
      • ただし、同経路において備後落合駅より布原駅まで別途片道分運賃を支払って下車することは、特例を利用していないため、認められる
    2. 分岐駅に経路の一方を運行する旅客列車がまったく停車しない場合、取り得る最短の区間で特例による複乗をしてもよい
      • 例:名鉄O型きっぷが、西枇杷島駅枇杷島分岐点下小田井駅という経路を含む場合、枇杷島分岐点は全列車が通過するため、最短の区間となる枇杷島分岐点-東枇杷島間を複乗し、西枇杷島→東枇杷島→下小田井と乗車してよい
      • 例:近鉄O型特急券において、阪奈特急は全列車がO型ルート上の分岐駅となる布施駅を通過するため、最短の区間となる布施-鶴橋間を複乗し、大和八木→鶴橋→生駒と乗車するようなO型特急券を購入し、そのとおりに乗車してよい

背景説明

  • SWAさんによる最長片道きっぷのルートを求め実際に乗車するを、そのままO型きっぷに対して実践すること、すなわちサルマネから始まったルールである
  • SWAさんは実乗時に分岐駅通過特例を利用しているので、筆者はそこを厳密にしてみようと背伸びをしてできたルールでもある