鉄道/降りつぶし

出典: いずみのるーるぶっく

目次

降りつぶしの対象

  1. 日本国が実効支配する地域に存在する旅客営業駅を乗下車対象とする
    • 1年以上にわたり団体専用臨時列車以外の旅客列車が停車しないされていない駅は乗下車対象から除外する
  2. 異なる複数事業者局が複数種別の旅客鉄道事業許可を保有する線区に属する駅については以下のとおり定める
    • 第1種と第2種の場合、#同一名称、または同一場所に異なる事業者局の旅客営業駅が存在する場合の1.のとおりとし、いずれの事業者局についても乗下車対象とする
    • 第3種とそれ以外の場合、第3種以外の事業者局の駅についてのみ乗下車対象とする
    • 駅の所有者が第3種である場合も、第3種以外の事業者局の駅とみなす
    • ただし、複数事業者がそれぞれの第2種許可により同一区間に乗り入れている神戸高速鉄道については、同一名称、または同一場所に異なる事業者局の旅客営業駅が存在する場合の3.のとおり、特別ルールを適用する

降りつぶしの認定

  1. 以下のいずれかの方法で旅客営業駅を1回以上利用した場合、当該駅に乗下車したものとみなす
    1. 乗車してきた列車を当該駅で下車し、同一の列車に当該駅から再乗車しない
    2. 当該駅に何らかの手段で到達し、列車に当該駅から新たに乗車する
    3. 途中下車可能な乗車券もしくは乗降フリーとなる企画乗車券類により乗車している間、停車中の当該駅において出場し下記のいずれかを実行し、ただちに再入場して同一の列車に乗車し続ける
      • 駅舎が存在する場合、駅舎の外観をラッチ外から眺める
      • 駅舎が存在しない場合、「それが旅客営業駅である」ことを認識できる建造物(待合室・ホーム等)の外観をラッチ外から眺める
    4. 集札の実施の有無を問わず、運賃・料金が精算された状態で当該駅を出場し、前項の各号のいずれかを実行し、新たに入場して同一の列車に乗車し続ける
    5. 複数事業者局の駅が集合する施設において、直接の連絡改札口でなく、ラッチ外をはさんでそれぞれの改札口があり、その両者を通り抜ける(この場合、両事業者の当該駅すべてに乗下車したものとみなす) (例:福岡市交通局・西鉄 貝塚駅)
      • 直接の連絡改札口を通過した場合、単なる乗り換えとみなし、乗下車とはみなさない(例:JR総武本線・東京メトロ西船橋駅の連絡改札口)
      • 複数事業者が集合し改札口を通ることなく互いを行き来できる当該駅において、一方の事業者局において車内運賃収受が行われている場合、他方の事業者局のラッチから出場せずに乗り換えても、単なる乗り換えとみなし、乗下車とはみなさない(例:JR東日本・わたらせ渓谷鐵道桐生駅)
    6. 団体臨時列車で、当該駅にて旅行主催者が事業者の許諾のもとで参加者全員に許可した乗車・下車・途中下車により出入場する
    7. 団体旅行用乗車票による乗車で、当該営業駅にて旅行主催者が事業者の許諾のもとで参加者全員に許可した途中下車を利用し出入場する
  2. 前条のいずれかを満たしていれば、その時点での時間帯・天候に関係なく、乗下車は成立する(夜間・濃霧などでも乗下車したものとみなす)
  3. 以下のような出入場は乗下車とはみなさない
    1. あらゆる特別下車
    2. 事業者局よりの特別かつその回限りの許可による出入場
    3. バス・タクシー等による代行輸送区間の内側の駅について、代行車両停車位置での乗降
    4. バス・タクシー等による代行輸送への/からの乗り継ぎにおいて、当該駅に滞在する余裕のなかった場合
    5. バス・タクシー等による代行輸送への/からの乗り継ぎにおいて、当該駅では途中下車もできず、また乗降フリーとなる企画乗車券類による乗車でもなかった場合
    6. 乗車中の列車が本来停車しないはずの駅において、非常事態によりその回限りの停車を行い、事業者局よりラッチ外出場が認められた場合で、当該駅では途中下車可能な乗車券による乗車でも、また乗降フリーとなる企画乗車券類による乗車でもなかった場合

同一の事業者局の駅に複数の路線が集合する場合

  1. 同一の事業者局の当該駅に複数の路線が集合する場合、それらのうち1つの路線を利用して乗下車すればよい

同一名称、または同一場所に異なる事業者局の旅客営業駅が存在する場合

  1. 異なる複数事業者局の駅が同一名称、または同一場所に存在している場合、ラッチ分離の有無にかかわらず、別の駅とみなす
  2. この場合、それぞれの事業者局に属する区間を走行した列車から下車/走行する列車に乗車したことをもって、その事業者局の駅に乗下車したものとする
  3. ただし、複数事業者が同一区間に乗り入れている[[w:神戸高速鉄道|神戸高速鉄道]については、全駅を特別に「神戸高速鉄道の旅客営業駅」とみなし、境界駅を除いては実際の運行事業者の駅とみなさない
    • 各乗り入れ事業者線との境界駅については、1.を準用し、当該駅は各乗り入れ事業者と神戸高速鉄道の2駅から成るものとみなす
  4. 新幹線と在来線の駅が並存し、かつ同一事業者の場合、いずれかの駅に乗下車すればよいが、できるだけ両方の駅に乗下車することが望ましい

乗車後の改廃等

  1. 乗下車後に高架化・地下化などが行われた結果、線路位置や駅位置が変更された場合、再乗下車しなくてよい
    • ただし、以下の各場合については、できるだけ再乗下車することが望ましい
      • 他線と接続していない起終点駅が移設され、その結果営業キロが増加した場合
    • それ以外の場合も、機会があれば再乗下車するに越したことはない
  2. 乗下車後に駅名が変更された場合、再乗下車しなくてよい
  3. 以上にかかわらず、乗下車後に駅の位置が変更され、かつ改名された場合、再乗下車しなければならない
  4. 乗車後に事業者局が変更・改称された場合、再乗下車しなくてよいが、機会があれば再乗下車するに越したことはない