県境/徒歩越え

出典: いずみのるーるぶっく


目次

県境の定義

  1. 日本国が実効支配する地域であり、かつ47都道府県どうしの確定した境界線として設定されている線、とする

徒歩越えの定義

  1. 県境徒歩越えは、以下の条件を満たし、県境を徒歩で越えることで達成される
    • 県境を徒歩越えする前後の交通手段は、いずれも、狭義の公共交通機関正規の利用でなければならない
    • ただし、自宅や常勤する職場等から直接徒歩で出発する/それらへ直接徒歩で到着するのは可とする
    • また、徒歩越えの前後が狭義の公共交通機関であれば、さらにその外方の移動手段として公共交通機関以外の交通手段を利用してもよい

徒歩超えの運用ルール

  1. 隣接する2都道府県の組み合わせそれぞれについて、どこか1箇所で行えば、その組み合わせの県境を越えたと記録する
  2. 越える際に歩く場所は、以下のいずれかに限定する
    • 一般の歩行者の通行が許されている道路
    • 道路ではないが、一般の歩行者の通行が許されている通路や河川敷や土手など (例: 尾瀬国立公園内の木道)
  3. 以下のいずれも、徒歩越えとはみなさない
    • 海上に設定された国道ルートを航行する船舶に乗船しての県境越え
  4. 以下のいずれかに該当する場所しか県境に存在しない場合、徒歩越えを行わなくともよいが、合法的にそれらを行った場合、特別記録として採用する
    • 国土地理院ウォッちずにもGoogle地図日本語版にもマピオン地図にも掲載されていない獣道
    • 上記は満たしているものの、軽装では行軍が厳しいと考えられる登山道
    • 自動車専用道 (年に数度程度歩行者に一般開放される場合を含む)
    • 企業専用道
    • 当該県境が離島にあり、その離島に到達できる狭義の公共交通機関が存在しない場合
  5. 可能な限り、川や海をわたる橋以外の、陸上にある県境を越えることが望ましいが、義務ではない
  6. トンネル以外に越えられる、2.を満たす県境がない場合を除き、トンネル内を通っての県境越えは記録と認めない